レイクは消費者金融だと思われてしまいがちですが、実は立派な銀行のカードローンです。このレイクを提供しているの新生銀行で、同銀行のカードローンの名称が”レイク”という訳です。

同じように、東京三菱UFJ銀行のカードローンにも”バンクイック”という名前が付いていますが、こちらはレイクほど有名ではない為、あまりその名前で呼ばれることはなく、普通に三菱東京UFJ銀行のカードローンと表現されることが多いです。ここがレイクとの違いだと言えるでしょう。

レイクはそのように消費者金融ではなく銀行のカードローンの為、総量規制の対象外となります。つまり、年収による融資金額の制限がありません。

ですが、だからといっていくらでも借りられるという訳ではなく、審査によって返済が可能だと思われる金額までの契約になります。消費者金融のように明確に年収の1/3までといった基準こそありませんが、総量規制の対象外でも、それほど多く借りられるという訳でもありっません。

総量規制の対象外というメリットは、むしろおまとめローンとして利用する場合に現れます。消費者金融のおまとめローンも総量規制の対象外の契約になりますが、通常のキャッシング契約とは別の契約になり、利用する為の条件も異なります。

その点、銀行のカードローンであれば、そのままそれ自体をおまとめローンとして利用することができるのです。

レイクのカードローンもおまとめローンとしての利用が可能です。総量規制の対象外というメリットはここでこそ活きると考えていいでしょう。